FC2ブログ



色々作ったり紅茶飲んだりにゃんこと戯れたり

Prev  «  [ 2019/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ

軽量粘土の話

軽量粘土を使う機会がいくらかあったので、まとめて色々買って比べてみました。

IMG_20180809_231741.jpg

・ハーティ ホワイト
大きくて細かい作業を必要としない物であれば、特段問題ない粘土。
IMG_20190222_151155.jpg
作品としては問題ないけれど、作業効率を考えると、ハーティソフトとかの方がいい場面が多そう。



・ハーティ ソフト ホワイト

本体の説明にもありますが、普通のハーティよりもきめが細かくすべすべ。もちもち伸びます。
これの土台に使いました。
IMG_20180129_162755_m.jpg
結婚式用のケーキだったので、真っ白なこれを選びました。
普通のハーティだと、薄くのばして土台を覆う、という作業に耐えられません。
ただ、正直プロフェッショナルライトのほうがこの作業には向いています。


・プロフェッショナル ライト

よく使っているプロフェッショナルシリーズの軽量版。
細かいことをやりやすい。滑らかですべすべ。
薄くのばして曲げた時に、表面が滑らかなまま。

つまり
IMG_20180129_094854_m.jpg

クレイケーキの土台を覆うことに適しています。
しかしハーティソフトに比べてほんの少しだけ黄みがあるため(比較しなければ分からない程度)、この写真のケーキではこだわった結果ハーティソフトを使っています。
途中、何度か「プロフェッショナルライトでやればよかったなぁ」と後悔しながらやってました。

飾りの花はプロフェッショナルライトで作ってあります。
型抜きした時に、ふちが綺麗になります。

なのでクレイケーキは飾りも土台もプロフェッショナルライトが良いようです。


・ハーフセラ
紙粘土らしいです。伸びたりしない。
ほかの軽量粘土が乾燥後にふわふわしているのに対して、これはかっちかち。軽いけれどかっちかち。
キメはさほどこまかくないです。
強度があって、けっこう細かい造形も出来ます。

IMG_20190213_163515.jpg

こういうものが作れます。
ただしある程度乾くまでは自重で崩れていくため、細くて高さのある作品の場合は支えが必要。
細かい造形が出来るという点で、試作品などにも。



・木粉粘土
IMG_20181125_021140.jpg
100均にあります。
伸びるというよりも、ほのかに糸を引きます。
「納豆か?」と思いました。
発酵させて作っているんでしょうか。

乾燥後はふわふわ柔らかい系で、木粉なので当然すべすべにはなりません。木の質感。
乾燥後もナチュラルな色のままです。

使用感としては、通常のハーティホワイトと近いかもしれません。


木粉を原料とした年度には、「ウッドフォルモ」というものもありますが、
こちらは軽量ではなく、もっと木のつぶつぶがしっかりしています。
IMG_5320.jpg
切り株を作る時には「ウッドフォルモ」を使いました。


・もちっとのびーるねんど
100均の。
使用感はもちもち系、乾燥後はすべすべふわふわ系でした。ハーティソフトよりもきめ細かい気がする。
使用感はハーティソフトが近い。クレイケーキの土台を作るのには耐えられない(と思う)。
Dz_fwbZU0AEV2RX.jpg
試作の「にゃえどこ」に使用しています。

素直な粘土なので、気を使わないと凸凹が残ります。
たとえば型抜きをする単純な形であればよいかもしれません。
ですが自力で成形していくなら、作業効率的にハーティソフトやプロフェッショナルのほうが良いです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

Tag : ねんど 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://asukaandmilk.blog.fc2.com/tb.php/201-2c564697


ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: