色々作ったり紅茶飲んだりにゃんこと戯れたり

Prev  «  [ 2018/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粘土と粘土のくらべっこ1

自分のための備忘録。

樹脂粘土系


・モデナ

手芸屋等で手に入りやすい。お値段もよろしい。
乾くのが速い。速いので、作業を手早くしなくてはいけない。
型で抜いて、少し形を整える程度の作業であれば何の問題もないが、
粘土表面に細かに表情を付けたり、パーツを別に作ってなじませようと思うとスピードと正確性が問われてくる。

乾燥後はしなりがある。
個人的な印象だけれど、他で言われているほど強度があるとは思えない。

乾燥後は透明感があるが、うっすらと黄みがかっているので、
粘土に直接色付けする場合、ブルー系(特に水色など薄い色)は綺麗に色が出ない。



・フリーリ

今んところいちばんよく使っている。モデナよりもちょっとだけお高い事が多い。
モデナほど乾燥が早くないので、粘土表面に表情を付けたり、パーツを後からなじませるのもモデナより簡単。

乾燥後はモデナと同じくらいしなやかだが、モデナよりも硬質な印象。あとからサンドペーパーなどで磨くなら、モデナよりこっち。

透明感はモデナと同じくらいで、こっちの方が白い。薄いブルー系を使いたいならこっち。

私の行動範囲にある手芸屋はどこもこれを置いていないのもっぱら通販。



・プロフェッショナル

上の二つに比べるとお高い。でも使いやすい。
型離れがものすごくいい。上の二つは型にオイルを塗らないとだめだけど、これはいらない。
断然、手にもくっつきにくい。
上の二つは作業中に固くなったら水を少量指につけて練り直さないといけないが(このときに手指にくっつきやすくなる)、少々固くなっても、ヒビやしわにならず、特に支障なく作業できる。
たとえ水を少量足してもくっつきにくさは変わらない。


乾燥後、透明感があって、モデナと同程度の黄みがあるのでやはりブルー系は向かない。
同時に、他の樹脂粘土にはない、独特の艶というか、照りがある。高級感と言い換えても支障ない。

素直で表情を付けやすい。弾力がない、あまり伸びない、ともいえる。
上から垂直に押してテクスチャを付けるのは構わないが、へらで横に寄せたりするとしわになる。
なので、細かい造形に向いているとは言いづらい。
あと素直過ぎて、ちょっと大きめの作品は自重でつぶれていく。
ある程度乾くまでつきっきりで面倒見ないと、一部が平らになってしまう。

しなやかさも備えつつ、硬質。強度があって、薄く延ばしても扱いやすい。お花の花びらなんかを作りたいなら断然これ。
あと後から磨いたり削ったりするならかなりいい。

追記: 乾燥後、ニスを塗らずとも撥水。磨くとさらに撥水。水性ニスすらはじこうとする。塗れないわけじゃないけれど、ちょっと気を使う。



・プロフェッショナルA

大体の特徴はプロフェッショナルと一緒だが、こっちの方が白いのでブルー系はこっちで。
あと、プロフェッショナルよりも弾力があってよく伸びる。

フリーリとプロフェッショナルのいいとこどりをしているような感じ。

実はまだあまり使っていない。



・グレイス


手に取ったときさらっとしている。
モデナよりべたつかないと表現する人もいるようだけれど、これが断然さらっとしているだけで、ほかが手につきやすいという意味ではない。

そして最初に手にとったときの印象を裏切って、水を付けるとめっちゃくちゃ手にくっつくようになる。
少なくとも私が作る系統のもの(チャームや置物系)にはあまり向かない。
どうしようもないくらい向いていない。
モデナやプロフェッショナルのような黄みはなく、透明感のある白。
色付けしたときの発色と、型離れがよい。




お値段や手に入りやすいで言えば、モデナかグレイス。
でも多少の値段の違いだったらモデナよりもフリーリの方が扱いやすい。
型抜きしやすくて発色がいいグレイスだけれど、完成後の高級感ではプロフェッショナルやAに軍配。


作るものにもよりますが、チャームを作るんだったらフリーリ、パーツを型取りするんだったらプロフェッショナル、という感じになりつつあります。
プロフェッショナルは多少高価になりますが、独特の照り艶がとてもすてきです。
アクセサリーなんかだと、小さい上に強度が必要ですから、プロフェッショナルが向いていると思います。
型取りをしたうえでサンドペーパーで磨く、さらにニスとなればかなり綺麗な仕上がりになります。



大変わかりにくいですが、一応比較写真。
IMG1.jpg



そしてこういう子たちになる。
IMG_5307.jpg





番外編 ダイソーの樹脂粘土

上記に比べると、匂いがまず気になる。
そして乾燥前後の収縮率が大きい。
けれど少量で手軽、手に入りやすいという点では他の粘土に圧倒的差をつけての勝利。
先に色がついているという点もなかなかよい。




次回(があれば)、これ以外の粘土で。

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://asukaandmilk.blog.fc2.com/tb.php/153-584bb440


ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。